03-3269-8700
メールでのお問い合わせ
アクセス
ブログ

ブログ

死後事務委任契約3

では、実際に死後事務委任の契約はどのように進めていけばよいのでしょうか。   まず、誰に死後事務委任の受任者になってもらうのか、という問題があります。   もちろん、遠い親族や友人、知人と契約することも可能です。   ただ、自分が歳を取れば、その分親族や友人、知人も歳を取ります。 死後事務の中には、慣れていないと面倒な手続きもありますから、頼んだ時は簡単にできると思っていたことでも、後々自分でやることが難しくなってしまう可能性もあります。 実際、友人に死後事務を委任され引き受けたものの、亡くなられたあと手続きをしようとしてうまくいかず、受任者の方が専門家に依頼することになってしまったというケースもあるほどです。   そのため、場合によっては、専門家に依頼することを検討してみることをお勧めします。   また、親族や友人、知人に依頼するのか、専門家に依頼するのかといった表面的なことよりも、もっと重要な本質的なことがあります。   それは、信頼できる相手に依頼する、ということです。 実際に死後事務が行われるとき、当然のことながら、委任者は亡くなっています。 依頼した相手が契約のとおりに実行してくれたのかを確かめることはできないのです。   そのため、何よりもまず自分の信頼できる相手に依頼する、ということを心掛けてもらいたいと思います。 (弁護士 國安耕太)  

ページトップ