03-3269-8700
メールでのお問い合わせ
アクセス
ブログ

ブログ

感染症と労務管理2

さて、前回の続きですが、新型コロナを理由に事業所を閉鎖した場合、不可抗力による休業といえるのでしょうか。   まず、社内感染防止等の観点から、会社が自主的な判断で休業することを決定した場合はどうでしょうか。   新型コロナの発生自体は、会社の事業の外部から発生したものと言うことができると思います。 しかし、新型コロナが発生したとしても、休業するかどうかの判断は、基本的には各会社に委ねられているといえます。 そうすると、休業の原因が事業の外部から発生したとすることは難しいように思います。   このことからすれば、使用者の自主的な判断で休業することを決定した場合、会社には休業手当の支払義務が生じるものと考えられます。   この点について、「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」でも、 『自宅勤務などの方法により労働者を業務に従事させることが可能な場合において、これを十分検討するなど休業の回避について通常使用者として行うべき最善の努力を尽くしていないと認められた場合には、「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当する場合があり、休業手当の支払が必要となることがあります。』 とされています。 (弁護士 國安耕太)  

ページトップ