03-3269-8700
メールでのお問い合わせ
アクセス
ブログ

ブログ

起業のすゝめ 2

会社を維持し発展させるためには、リスクを適切にコントロールして、企業の維持や発展に大きな影響が生じることのないようにしなければなりません。

 

そのためには、自社の取引や自社の体制のどこにリスクがあるのか、分析し、必要に応じて対処することが重要です。

特に、債権回収におけるリスクの管理は非常に重要です。

 

債権の回収が出来ないと、会社のキャッシュが不足する、要するに会社に現預金が足りないという事態が生じます。

取引先は、お金を払うことができなければ、商品やサービスを提供してはくれませんし、従業員も働いてくれません。

次々と債権の回収が出来なくなれば、現金が枯渇し、黒字倒産の可能性もでてきます。

債権の回収が出来ないことは、会社にとって最悪の事態なのです。

 

このように、会社にとって、債権回収は至上命題であり、そのリスクの管理は必要不可欠といえるのです。

 

ところが、現実の会社経営にあたっては、債権の管理は、意外と疎かにされている感が否めません。

 

それは、経営者が3つの落とし穴に陥ってしまっているからかもしれません。

 

この3つの落とし穴を意識して経営をしていくことができるかどうかで、会社の維持や、発展の速度に違いが出てくるでしょう。

(弁護士 國安耕太)

 

ページトップ