03-3269-8700
メールでのお問い合わせ
アクセス
ブログ

ブログ

相続の基礎2

さて、今回は、まず、相続の基本的なルールを押さえていきましょう。

 

たとえば、前妻との間に子どもが2人、現在の妻との間に子どもが2人いる方(被相続人)が亡くなった場合を考えてみましょう。

相続人は、妻、妻との子ども2人、前妻との子ども2人の合計5人です。

・民法887条1項:「被相続人の子は、相続人となる。」

・民法890条: 「被相続人の配偶者は、常に相続人となる。(以下略)」

 

つぎに、それぞれの相続割合ですが、相続割合は、

 

妻:妻の子:妻の子:前妻の子:前妻の子=4:1:1:1:1

 

となります。

・民法900条1号:「子および配偶者が相続人であるときは、子の相続分および配偶者の相続分は、各二分の一とする。」

・民法900条4号本文:「子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。」

 

また、前妻の子のうち1人が、相続開始時に亡くなっており、その子(被相続人の孫)がいるような場合、相続割合は、

 

妻:妻の子:妻の子:前妻の子:前妻の子の子:前妻の子の子=8:2:2:2:1:1

 

となります。

(弁護士 國安耕太)

 

*セミナーのご案内

「保険マンが身につけておけば必ずお客様が増えること」

日時:平成30年2月23日金曜日19:00〜

場所:東京都渋谷区神宮前1-4-20 1507号

参加費:5000円(懇親会費込み)

 

ページトップ